わがまちの べんざいてん

【神奈川県川崎市の鋼管通に伝わる“姥が森弁財天”の話をご当地紙芝居にしました】

川崎市の鋼管通には、弁財天さんと古い井戸が、町の人たちによって大切に祀られています。

春の季節になると、町の人たちの前にやってくる、とか。

そして、隣にある井戸は、ご神水といって、神様にあげるお水。

この弁財天さんと井戸水は、鎌倉時代の武将、新田義貞と、
家臣の早勝とずっと一緒でした。

昔、闘いから戻ってくると義貞と早勝はこの土地“姥が森”で馬を洗い癒していました。
その時代からこの土地を守っていたのが、この弁財天だったのです。

しかし義貞が亡くなると、早勝は弁財天に守ってもらえるように
側にお墓を創り、義貞を弔いました。


時が経って…弁財天は、町の乳母の守り神となりました。
更に、隣の井戸は…

産湯として、人々に使われるようになったのです。

そして現在は、8月上旬に、川崎の鎮守様“稲毛神社”の山王祭で、
ご神水として神輿にかける神事が行われています。

形を変えながら、ずっとずっとこの街を守っている、
姥が森弁財天なのでした。

詳しいお話は、なっちゃんに演じてもらおう!
そしてあなたの街も、紙芝居でPRします!!

あなたの場所の紙芝居を…
紙芝居師なっちゃんに製作公演してもらおう!

お問い合わせはお気軽に コチラまで!
またはkami.nacchan@gmail.comまで!

「ご当地&神仏紙芝居師なっちゃん」Official Site

湘南・鎌倉を拠点に、全国各地で紙芝居で笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃんと申します。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や、『古事記紙芝居』の47都道府県興業ツアーに向けて、日々精進中。 いしかわ観光特使、第2回 ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。