『Kojiki Kamishibai』でやおよろずのカミサマをもっと知りたい!講座第1回


2016年12月より、いよいよ始めました。紙芝居師なっちゃんのartist styleとして、
古事記の中でも“神様のpersonality”にスポットを当てた、古事記紙芝居。

壮大なストーリーの前に、まずは、数多居らっしゃる神様のpersonalityから学ぼう!という企画。

第1回講座は…

と題し、八百万の神様たちの「天照大御神」「月読命」「素戔嗚命」登場の前に出てきた沢山の神様たちのことをお届けしました!

その様子と、紙芝居画劇をどうぞごらんください。

古事記の序文は…↓

そこから…

ぐるぐると、天と地が現れた。“天地開廟”という。

そこからまず、一番最初に生まれた神様は・・・

でした。そして次に生まれたのが・・・

この三柱の事を・・・「造化三神」と言います。

さらに・・・二柱が誕生しました。
それぞれ、役割があるんですよ~。

この五柱のことを『別天津神』といって特別な存在となっています。

この別天津神から、今度は7代に於いてそれぞれ役割を持つ神様が生まれました。
それぞれの代の神様に番号札を持ってもらいました。

ここ以降、神様に「男」と「女」という概念が生まれていきますので、
ここからの7代目までは、男女ペアで誕生します。↓

そして!!やっと登場しました。日本を生んだ『国生み』の神様、

イザナキとイザナミです。7代目の神様ペアだったのですね。

これらの7代の神様集団を、「神世七代」と呼びます。

高天原で神世七代が誕生して賑やかになったとき、

地上を見下ろして、天之御中主神さまをはじめ、高天原の神様が、こうつぶやきました・・・
「陸、さびしくね?」

“整える”役割の神様ペア、イザナキとイザナミに、国を作ることを命じるのです。
イザナキイザナミは、アメノヌボコを使って、陸を作りました。
それが、日本のはじまりはじまり~。

そして、イザナキイザナミは、恋に落ち、ここからた~くさんの神様を生むのです。
その神様たちを相関図にしました。すると・・・

気の遠くなるような数の神様が生まれたのです。

思わず私は叫びました。

その様子を動画にアップしてみました。抜粋。


あなたの町にも、Kojiki Kamishibai講座伺います!楽しく笑いながら、古事記のこと、八百万の神様の事を皆様と勉強しませんか?

公演ご依頼はコチラまで。
または、kami.nacchan@gmail.comまでメールくださいませ。



「ご当地&神仏紙芝居師なっちゃん」Official Site

湘南・鎌倉を拠点に、全国各地で紙芝居で笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃんと申します。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や、『古事記紙芝居』の47都道府県興業ツアーに向けて、日々精進中。 いしかわ観光特使、第2回 ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。