七夕の歌のタイトルは「たなばたさま」

7月7日の「七夕」に歌われるあの歌をひとつひとつ、紐解いてみました。

どんな意味があるのでしょうか?

1.「のきばにゆれる」の「のきば」とは?

のきば=軒端、つまり、家の端っこ、隅っこ。

家の端っこ、隅っ子に笹の葉を飾っているよ、という意味です。


2.「きんぎんすなご」ってなに?


…金色と銀色の砂がキラキラ空にあがっている様を歌った一文。

つまり・・・天の川の事なのです!!


3.「ごしきのたんざく」ってどういういみ?

「ごしきのたんざく」の「ごしき」とは「五色」の事。

五つの色。赤=火、青=碧、黄色=土、白=金(金属)、黒(紫)=水、を表している。

五大要素、フィフスエレメント。

つまり『自然』そのものを表しているのです!短冊は願い事を書きますよね。

「ごしきのたんざく」に願いを書く、ということは、

「自然に自分の願いを預ける」事と読み取れます。


もっと詳しい解説紙芝居は・・・紙芝居師なっちゃんに公演してもらおう!

お問い合わせはお気軽に コチラまで!

またはkami.nacchan@gmail.comまで!

「ご当地&カミサマ紙芝居師なっちゃん」Official Site

鎌倉を拠点に、全国各地で紙芝居で笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃんと申します。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や、『古事記紙芝居』の47都道府県興業ツアーに向けて、日々精進中。 いしかわ観光特使、第2回 ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。