『Kojiki Kamishibai』でやおよろずのカミサマをもっと知りたい!講座第2回~Feat.天照大御神~

ということで1月29日に開催しました
「紙芝居師なっちゃんの『Kojiki Kamishibai』でやおよろずのカミサマをもっと知りたい!講座」

第2回のタイトルは…

「太陽の神、天照大御神は、かまってちゃん姫だった!?」

三貴神の中でも最高の女神と言われる、天照大御神の"パーソナリティー"にスポットを当てて、古事記の物語と照らし合わせて、天照大御神の愛すべきキャラクター(私の解釈です)を紙芝居にしてみました。その画劇をご紹介します。今回の画劇は総数40枚にも及びました…Σ(- -ノ)ノ

アマテラスは登場場面も多いので、ボリュームいっぱいです。

項目を作って、紐解いていったのでした。

天照の姫要素その1.
アマテラスは、イザナキの子ども・『末っ子三人衆&一人娘』だったのです。
こういう言葉で表現。トリプルスリーならぬ"末っ子スリー"。
そして、神様は"柱"という単位なので、一人娘ならぬ"ひと柱むすめ"。

イザナキと、黄泉の国へ行って鬼になってしまったイザナミが、決定的な争いをしてしまうのです。
その中で、子供を産むこと殺すことを繰り返していたのです。


鬼になったイザナミから逃げ切ったイザナキは、禊をして体を浄めます。
その際に衣服や垢、川の水などから27柱の神様を生みます。

その中で最後に生まれた三柱が、「末っ子三人衆」です!
天照大御神は、その三柱の一人娘、ひと柱むすめ、なのです。

イザナキは、この三柱が超~~~かわいくてしょうがなくて(元祖親バカ!?)

アマテラスには高天原を、
スサノオには海の世界を、
ツクヨミには月=夜の世界を 仕える様にとたくします。エコヒイキですね(笑)
はい、姫要素いっぱいです( ´艸`)

アマテラスの姫要素・・・その2.

海の世界に行きたくない、ママ=イザナミに逢いたいと駄々をこねるスサノオに・・・
(ここら辺を第3回に講義します~)

もうカンカンです!そもそも、ママはイザナキのはずですものね。スサノオを追放します。

姉のアマテラスにお別れの挨拶をしようと、アマテラスのもとに向かうのですが・・・
思い込みの激しいアマテラスは、自分を攻撃してくるのではと思ったのです。

そこで、スサノオを警戒したアマテラスは・・・・

男装して、身構えちゃいます・・・思い込み激しいですね~
スサノオは純粋にお別れを言いに来ただけなのに。。
スサノオは、身の潔白を証明しようと「誓約~うけい~」をしようと申し立てます。

その誓約でも、姫要素満載です。その3.

姉弟仲良く(?)誓約をしたアマテラスとスサノオは、それぞれ神様を生みます。

その神様がこちらの八柱。
スサノオの剣から、女神を生んだアマテラス。
アマテラスの首飾りから、男神を生んだスサノオ。
スサノオの持ち物から女神が生まれたことで、スサノオの勝利となりました。

しかし、実際生んだのはアマテラス。そこで負けず嫌いのアマテラスは・・・
「私の生んだ女神を頂戴!」と自分の子供にしちゃいました。
この三女神は、『宗像三女神』として有名です。


そして姫要素その4.ここのエピソードは古事記でも一番有名ではないでしょうか?

誓約に勝ったスサノオは大喜びの大暴れ!ゲーゲー、ウンウンどこでもやっちゃいます。
しかも、アマテラスの御遣いをしていた機織りの女神も殺しちゃいます。

そんなスサノオを見て、思い込みの激しいアマテラスは怖がってしまい・・・
天岩戸に隠れてしまいました。

そして、高天原は真っ暗闇に包まれ、闇の世界に・・・ピンチです!!

さぁ、神々たちは困った・・・知恵の神、オモイカネノカミに相談します。
そしてオモイカネが思いついたのが『天岩戸の祭り』=『天岩戸フェス』です!

勾玉や鏡をつくらせ、祝詞や占いで盛り上がり、アメノウズメに踊りを踊ってもらい、みんなで直会どんちゃん騒ぎ。そんな騒ぎを陰から聞いていたアマテラスは・・・

自分がいないのに何でこんなに盛り上がってるの~~~!!!
とブルブル震えるのです!キィ~~~~~ッ!!!ってヤツですね。

そして、そぉ~~~~~~っと、天岩戸を開けて覗き込みます。
天照「なんでそんなに楽しそうなの?」
アメノウズメ「あなたよりも素敵な神様が来たからよ」
と言われて、思わず外に飛び出すアマテラス。

その隙に・・・神々たちはアマテラスを天岩戸から引っ張り出し、

鏡を見せて「この方が美しい素敵な神様です。そう、アマテラスさまあなたですよ」
と、アマテラスを持ち上げるのです。


さぁ、神々に持ち上げられた姫要素満載のアマテラス。
う~んとってもとっても・・・↓

と思ったのでした。愛すべき神様のアマテラス。大好きです。


このほか、例によってたくさんの神様相関図で詳しく説明いたしました。
画劇総枚数40枚の大作でした。フゥ~。

あなたの町にも、Kojiki Kamishibai講座伺います!
楽しく笑いながら、古事記のこと、八百万の神様の事を皆様と勉強しませんか? 公演ご依頼はコチラまで。
または、kami.nacchan@gmail.comまでメールくださいませ。



「ご当地&神仏紙芝居師なっちゃん」Official Site

湘南・鎌倉を拠点に、全国各地で紙芝居で笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃんと申します。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や、『古事記紙芝居』の47都道府県興業ツアーに向けて、日々精進中。 いしかわ観光特使、第2回 ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。