石川県羽咋市のご当地伝説紙芝居~オオクニヌシ登場~

さて、もうひとつ大事な大事なご当地紙芝居をアップします。

私の故郷・石川県の真ん中ほどにある小さな市「羽咋(はくい)市」です。

6月末に、石川県人会つながりで、羽咋市応援会の皆様とご一緒する機会があり、

その時のために作った、石川県羽咋市にまつわるお話のダイジェスト紙芝居です。

石川県羽咋市は、実は私が幼少の時毎年夏休みに暮らしていた能登地方のヒトツ。

母方の祖父母の家が羽咋市にあって、お盆はこの羽咋市と、父方の実家がある奥能登とで過ごしていました。

そんなわけで第二の故郷の一つである「石川県羽咋市」にまつわる紙芝居。
羽咋市は調べれば調べるほどに、神秘的なお話がいっぱい。


そのうちの二つを中心に、ご紹介します。

羽咋市は、こんな場所ですよ~、という紹介から。

羽咋で最近有名になったのが、ローマ法王に献上したことで話題となった

「神子原(みこはら)」地区の「神子原米(みこはらまい)」。

唐沢寿明さん主演のドラマ「ナポレオンの村」のモデルになった場所です。

そして、全国で唯一、海岸沿いを車やバイクで走れる

『千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ』の千里浜海岸。

さらに、みうらじゅん大好きな方には聖地?ともいえる、

UFOの街・羽咋市にふさわしい“コスモアイル羽咋”

という導入から、羽咋市のふしぎな地名「羽咋」にちなんだ

こんな神話を紹介しました。


かつてこの町で疫病が流行ったのですが、

「大毒鳥」が疫病の菌を待ち人たちにまき散らしたのが原因でした。

困り果てた天皇は、自分の息子「磐衝別命(いわつくわけのみこと)」に、

あの大毒鳥を退治するように言いました。

この時に、いわつくわけのみことが連れてきた3匹の犬が

この大毒鳥の羽をくいちぎったことから、

「羽を喰う」=「羽喰」=「羽咋」という地名になったと言われています。

(諸説ある中のひとつとして紹介しました。)

そしてもうひとつのお話として紹介したのが、

私が大好きな大好きなお社、能登一宮の『気多大社』のお話。

気多大社の神門は、国の重要文化財なのですよ~!!

気多大社には、本殿橫に「入らずの森」という聖地があります。

1万ヘクタールという広大な森は禁足地であり、

宮司さんと天皇しか入れない、とても神聖な場所です。

判る人には判る、ものすごい森の畏怖感、まさに聖地です。

素晴らしい森です。是非一度行ってみてください。

気多大社の御祭神は、『大己貴命(オホナムチノミコト)』

別名『大国主神(オオクニヌシノミコト)』。

七福神の“大黒天”としても有名なオオクニヌシノミコトは、

“因幡の白兎”で知られる、『古事記』では欠かせない神様ですね。

そう、あの出雲大社の御祭神と同じ神様です。ということで

『縁結びのパワースポット』としても知られている気多大社です。

オオクニヌシは、その名の通り“国造りの神様”として知られています。

八百万の神々の中でも、通称“国津神”に分けられます。

そのオオクニヌシにまつわるこんなお話があります。


この町にかつて、ヤマタノオロチ(八つの頭をもつ大蛇)が現れて

人々を怖がらせていました。

(あれ?このお話も『古事記』だぞ?!

古事記でこの大蛇を退治するのはスサノオだけど)

それを見かねたオホナムチノミコト(のちの“オオクニヌシ”)は、

この大蛇を何とかならないかと頭を悩ませていました。

そこに現れたのは、この土地に住んでいる鳥“鵜(う)”です。

鵜が、オホナムチにこういったのです。

「私が羽を羽ばたかせてオロチの気を引きます。

そのスキにオロチに矢を放ってください」

鵜とオホナムチの作戦は大成功!

それ以降オホナムチは、この町の人々から英雄と崇められ、

祀られたのでした。

という、二つの伝説を紹介させていただきました。

詳しくは、なっちゃんに演じてもらおう!

そしてあなたの街も、紙芝居でPRします!!

あなたの場所のPR紙芝居を…紙芝居師なっちゃんに製作公演してもらおう!

お問い合わせはお気軽に コチラまで!

またはkami.nacchan@gmail.comまで!

「ご当地&神仏紙芝居師なっちゃん」Official Site

湘南・鎌倉を拠点に、全国各地で紙芝居で笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃんと申します。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や、『古事記紙芝居』の47都道府県興業ツアーに向けて、日々精進中。 いしかわ観光特使、第2回 ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。