キジムナーくんと にんぎょさん

【沖縄県に伝わる精霊“キジムナー”と、沖縄県八重山諸島(石垣島)に伝わる“人魚”の物語をオリジナルのご当地紙芝居にしました】

がじゅまるの木に住んでいる木の精霊“キジムナー”くんには気になる事があります。

石垣島のとある浜で、美しいにんぎょさんが毎日泣いています。

どうして泣いているのとたずねると、「美しい星空を見られないからよ」とにんぎょさん。

そこで、キジムナーくんは、空を覆う雲さんに「星を見せて」とお願いしてみました。

すると、雲さんは、「八重山の地域にこの時季(梅雨時)しか咲かない白い花を4つとってきたら、星空を見せよう」といいます。

あちこち探して、その白い花をさがすキジムナーくん。

見つけたのは、八重山諸島だけに咲く白い「イジュ」の花でした。

この花をさっそく、にんぎょさんにプレゼントしようとするのですが。。。

そこに風が吹いてきて・・・

続きは、なっちゃんに演じてもらおう!そしてあなたの街も、紙芝居でPRします!!

あなたの場所のPR紙芝居を…紙芝居師なっちゃんに製作公演してもらおう!

お問い合わせはお気軽に コチラまで!

またはkami.nacchan@gmail.comまで!

「ご当地&神仏紙芝居師なっちゃん」Official Site

湘南・鎌倉を拠点に、全国各地で紙芝居で笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃんと申します。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や、『古事記紙芝居』の47都道府県興業ツアーに向けて、日々精進中。 いしかわ観光特使、第2回 ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。