かまく~らんくんのくろじぞうえんにち

900年前、鎌倉時代の武将だった【かまく~らんくん】がタイムスリップして現代の鎌倉に来て、いろいろな鎌倉と出会うseries。
今回は、鎌倉・二階堂に古くから建立されている覚園寺さんのご本尊“黒地蔵”と毎年8月10日夜に執り行われる「黒地蔵縁日」に出会います。


真夜中の鎌倉を歩いていると、賑やかな声が聞こえてきました。

たどり着いたのは…覚園寺。

かまく~さんくんは、そこで、覚園寺のご本尊、黒地蔵さまを拝みに行きます。

あれ?黒いぞ??黒い地蔵さんを拭こうとすると・・・

黒地蔵さまが、なぜ自分が黒いのかを話し始めます。

何故黒いのか?黒地蔵さまは、地獄に行って火を焚いているから。

地獄で苦しんでいる罪びとたちの苦しみを少しでも取り除きたい。

そんな深い慈悲の心を持っていたお地蔵さまなのです。

感動したかまく~らんくんに、黒地蔵さまは、「自分の分身だ」と言って、とあるお堂に連れていきます。

そこにいたのは・・・・

無数の木彫りのお地蔵さま!!このお地蔵さまたちは、黒地蔵さまの代わりに、人々の側でお守りになっているとか。

そんな無数のお地蔵様にお祈りをすると・・・

かまく~らんくんの家族が。お空に昇った家族が、かまく~さんくんをいつも見守ってくれている。家族が亡くなってしまって、逢えなくなっても側にいることを実感します。

さぁ、朝がやってきます。黒地蔵さまはそろそろお勤めにいかねばなりません。

「あ!だから、黒地蔵さまの縁日は、夜中なんだね」

と気づくのでした。


オリジナル紙芝居、仏さまの紙芝居制作は・・・紙芝居師なっちゃんに制作&公演してもらおう!

お問い合わせはお気軽に コチラまで!

またはkami.nacchan@gmail.comまで!

「ご当地&神仏紙芝居師なっちゃん」Official Site

湘南・鎌倉を拠点に、全国各地で紙芝居で笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃんと申します。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や、『古事記紙芝居』の47都道府県興業ツアーに向けて、日々精進中。 いしかわ観光特使、第2回 ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。