イソロンといそごのしちふくじん

神奈川県横浜市磯子区、南区には、各寺院に『七福神』が祀られていて、地元の人たちに愛されています。七福神めぐり行事もあるくらい。

今回は、磯子区・南区の七福神をモチーフにしたお話を作成し、先日、磯子小学校でお披露目させていただきました。

『イソロンといそごのしちふくじん』。

七福神のおひとり“寿老人”がいるお寺、宝生寺の池には、イソロンという龍が住んでいる、その伝説と、七福神のお話を合わせて製作いたしました。

磯子の街は流行り病で、子どもやお年寄りが苦しんでいます。

どうにかしなくてはならない!村長さんはある伝説を思いつきます。

隣村の「宝池」には、願いを叶えてくれる“イソロン”という龍がいるらしい。この龍に頼んでくれる勇気ある若者はいないだろうか?

その声に手を挙げたのが、村一番の力持ち「ゴン助」と、村一番の俊足「モヘ次」。

二人は早速、宝池に行きました。すると・・・

目の前には一人の老人が。

「イソロンを呼ぶには、磯子に居る『七福神』を集めて、満月の夜に宝池にお願いをしなくては出てきてくれないぞ。」

二人は早速、磯子の七福神にお願いをしにいきました。

まずは、福禄寿。

恵比寿さん。

ニコニコ布袋さん。

布袋さんのお友達(?)戦士の神様・毘沙門天。

琵琶の名手・紅一点の、弁財天。みんなメロメロ。

そして、どっぷり大黒天。

最後の寿老人は・・・・

さぁさぁ、これで七福神が集まりました。

願いはかなうのか?ゴン助とモヘ次は、磯子の流行り病をなくすことができるのか?

あなたの故郷の紙芝居を…紙芝居師なっちゃんに製作公演してもらおう!

お問い合わせはお気軽に コチラまで!

またはkami.nacchan@gmail.comまで!

「ご当地&カミサマ紙芝居師なっちゃん」Official Site

鎌倉を拠点に、全国各地で紙芝居で笑顔と元気を届ける紙芝居師なっちゃんと申します。その土地の伝説・昔話・トリビアや時事ネタを盛り込んだオリジナル紙芝居や、『古事記紙芝居』の47都道府県興業ツアーに向けて、日々精進中。 いしかわ観光特使、第2回 ニッポン全国街頭紙芝居大会優勝。